パステルの描き方。下書きはする?鉛筆、木炭で下書きする?

パステル画の道具は一応揃ったけども。

さて、どう描いたらいいのか。
下書きはした方がいいの?
鉛筆で?木炭で?

それとも下書きしなくてもいいの?

こんなお悩みをヤフー知恵袋などで
見かけます。

今回はパステル画の下書きについて簡単
に紹介したいと思います。

パステルの描き方/下書きの画材

パステルの描き方/パステルの
下書きに鉛筆、色鉛筆は使える?

「パステルの下書きに鉛筆、色鉛筆が使
えるかどうか」という質問をヤフー知恵
袋などでよく見かけます。

結論からいうとあまりやらない方が良い
です。なぜかと言うと鉛筆、色鉛筆の
の素材が油性
で一般にパステルと呼ばれ
ているソフトパステルなどは水溶性
相性が合わないからです。

相性が合わない、というのは鉛筆、色鉛
筆で下書きした上からソフトパステル等
で色をつけると油分の線だけ悪目立ちし
やすい
ということです。
鉛筆の線は強く描くと特にグレーがかっ
て光ってみえてしまい
目立ちます。

と言っても、色鉛筆も鉛筆も筆圧を加え
うっすら各程度なら、実はそれほど目
立たない
ので絶対ダメとも言い切れませ
ん。ただし、これは下描きでうっすら描
くという場合に限られます。

例えば、パステル画の上に鉛筆を使って
シャープな線を描く、という教本を見た
ことがあります。

でも違和感がありました。個人的な感想
ですが鉛筆の線はシャープな線というよ
り、灰色がかった線が悪目立ちしていて
画面が汚れて見えてしまっていました。

なので、パステル画で線を目立たせる!
というのでしたら、一般的な木炭がいい
のかな、と思います。

パステルの描き方/下書きに使え
る画材はどれ?

一般的に木炭、ハードパステル、パステ
ルペンシル
がパステル画の下書きによく
使われています。

木炭/パステルの下書き、
パステル画で線を目立たせる

木炭で下書きした場合、パステルの色が
濁らないか?という疑問が浮かぶと思い
ます。

それは正解です。木炭の粉がパステルと
混じって彩度(鮮やかさ)が落ちる

つまりパステルの色が濁るということに
なるようです。

でも、逆に言うと明るくなり過ぎた色を
落ち着かせることができる
、ということ
です。明るすぎた色をグレーがかった色
に変えて落ち着かせることができ、影の
部分に使うこともできます。

下書きで木炭とパステルの色が混ざらな
いようにするには、フィキサチーフをか
ける
ことである程度防ぐことができます。

その他にパステル画で木炭を使う方法と
して、線を目立たせるというのがありま
す。線を濁らせないようにするには、
一度フィキサチーフをスプレーしておく
必要があります。

フィキサチーフなしで木炭の線を濁らせ
ないようにするには、サンドペーパー
いう紙を選ぶと良いようです。でも、
日本では市販でサンドペーパーは小さい
サイズしか売っていません。

ホームセンター等で買える小さいサイズのサンドペーパー

なので、サンドペーパーの代わりに
キャンソン社のミ・タント・タッチ」
というパステル専用用紙を使うと良いと
思います。同じような効果が得られると
踏んでいます。

線を目立たせることで効果的なのは
肖像画や人物画のデッサンで習作
(作品を作る前に先に描く簡易的な絵の
こと)を描く場合のようです。

補足ですが、線を目立たせる時に私の
場合チャコールペンシルという画材を
使っています。

芯は木炭と粘土でできていて水溶性です。
パステル画の終盤あたりで強い線や影の
一部を強調したい時
に使っています。

鉛筆で書く時と同じように立てて描きま
す。とても濃い黒色でパステルと比べる
と紙への付きも強いと思います。なので
横に寝かせて広い面を塗ったり下書きす
るには向かない
のではないかと思います。

チャコールペンシルの線を目立たせる
コツはあまりやり過ぎないことです。

ハードパステル、パステルペンシル/
パステルの下書き、細部描写

どちらも下書きによく使われる画材です。

ハードパステル、パステルペンシルで
下書きしたあと、ソフトパステルで色を
加えても馴染んで着彩の妨げになりませ

それから指などでぼかしながら描いてい
くうち、下書きはすぐ消えてしまいます
そういった意味では形の狂いには注意し
ないといけない画材です。形が狂ったな
と思ったら制作途中でも新たに線を引く
ことが大切ですね。

あまり線を強調するのには向いていない
かと思います。ほかに、制作終盤で細か
い部分を描き込む
ことにも使われます。

ハードパステル、パステルペンシルいず
れも使用方法はよく似ています。違うの
はパステルペンシルの方が手が汚れない
ことでしょうか。

画材自体の詳しい説明は【パステルとい
う画材とは何か?特徴や種類などを徹底
解説】
で紹介してますので、そちらを読
んでみて下さいね。

パステルの描き方/下書きするorしない

どの画材に限らず、絵を描く時に下書き
するかしないかですが、最終的に狙った
雰囲気の絵が描き上げられれば、下書き
してもしなくてもどちらでも良い
と思い
ます。

実際、殆んど何も下書きせずにいきなり
着彩されている画家さんもおられます。

特にパステルは平描きして立体的にモノ
を捉えるのが得意な画材でもあるので
風景画では下書きせずとも上手く表現
できると思います。
制作しながら途中で線を決めていくとい
うこともできます。

ただ、ベテラン画家も画面の上で位置関
係だけはしっかり決めてから描いている
ことは共通していると思います。
頭の中で構成ができているだと思います。

なので、慣れないうちは下書きする、が
正解です
私も、もちろん下書きするこ
とが多いです。

また、最初から細かい形をはっきりさせ
ておかなければいけないモノは、
下描き
をした方が描きやすい
ようです。

例えば特定の人物を描く肖像画や花や
果物、ガラスの瓶を描く静物画。風景画
でも小さな建物ではなく、建物がメイン
で窓や扉などしっかり描き込まなくては
ならない場合などが当てはまります。

パステルの描き方/下書きの修正方法

下書きしていると間違った線を引いてし
まうことはよくあります。
ここでは、パステルの下書き段階で修正
する方法を紹介したいと思います。


・木炭
の下書きを修正する

木炭の場合、定着力が弱いため手や布で
はたけば簡単に粉落ちします

描いた木炭を消すには食パンか練り消し
ゴム
を使います。最終手段としてプラス
チック消しゴムも使えますが、画面を痛
めないようになるべく使わないほうが良
いようです。
木炭については「デッサンと言う礎」
いうサイトが詳しい記事を書いています。
木炭の種類や芯抜きの方法なども書かれ
ていますよ。

ちなみにチャコールペンシル(※下書き
には使わない)についても補足しておき
ます。チャコールペンシルを修正するに
練り消しゴムを叩き込むようにして粉
を取り除きます。
消しゴムを横にこすると紙が汚れてしま
いますから注意です。このペンシルは濃
く定着力もありますので、修正は出来る
限りしないようにするのがポイント
です。


・ハードパステル、パステル
ペンシル
の下書きを修正する

これらの場合、柔らかい筆、布などを
使って拭います
。少しくらいなら指で
こすって色を薄めて、新たに描いても
問題ありません。神経質にならなくて
も下書きは着彩してしまえば、殆んど
消えてしまいます。気になるようでし
たら、練り消しゴムで消すと良いですね。

使いこんだ練り消しゴム

パステルの描き方/簡単なモノ
の捉え方「単純化」

世の中にある全ての物はとても複雑な形
をしているように見えます。実際複雑な
んですが、私たちは目で見た時、実は
モノをとてもシンプルに捉えているんで
すよね。ぱっと見た印象で捉えていると
言えます。絵に描くときにも、この印象
は使えます。


〇、△、□と単純化して描く
という方法
を紹介します。ある通信美術学校の教え
の中の1つだったと思います。
記憶があいまいなので違うかったらごめ
んなさい。

兎に角、全てのものを〇、△、□と単純
化して描くという方法です。例えば風景
でよくある「樹木」ですが、△に〇がい
くつも重なってできている、と捉えます。

これでも良いのですが、もう少しレベル
を上げて球体、三角錐、四角柱と見られ
るようになると更に奥行きが出て良いで
すね。

細かい部分を描くのは後
で、最初の段階
では
こんな感じで観察して、複雑なもの
を単純化して描く
のが簡単な方法のよう
ですよ。

もちろん、他にも構図や遠近法、
色彩理論など色々ありますが〇△□だけ
でも結構使えます。
何パターンか描いてみました。

【パターンその1】



黒い部分は目障り
になるなぁ、
という部分です。写真では、こういった
重なって見づらくなっている部分がたく
さんあります。この部分は意図的に下書
きの際、削除
します。
修正後はこのようになりました。

【パターンその1修正後】

【パターンその2】

これも黒い部分があまり良くないと思う
部分です。少しだけ見えて目障りになっ
ています。をもっとはっきり上に出す
か削除
するかすれば良いです。
この場合は△は十分あるので削除しまし
た。修正後はこのようになりました。

【パターンその2修正後】

【パターンその3】

今度は〇△□ではなく、少し立体的に
見えるように円錐や球体、球体を半分に
切って形を崩した(左の林の塊)
形で描
いてみました。
ここでも見切れている目障りな形があり
ます。黒く塗ってある部分がそうです。
修正後はこのようになりました。

【パターンその3修正後】

パステルの描き方/下書きの方法の1つ「トレース」

〇△□の方法は実際そこにあるものを
見て描くか、写真を見て描くかに関わら
フリーハンドで描く方法として使えま
す。でも、この方法は観察眼を養ったり
知識を増やすほかに、多少なりとも手の
訓練も必要
です。

今回は、誰でも最初から下書きできる
「写真をトレースする」という方法を
ご紹介します。

鉛筆トレーシングペーパーという転写
用の薄い紙が必要です。これらは画材店
やAmazonで手に入ります。文具の大型
店などでも漫画用のトレーシングペーパ
ーがあるかもしれません。どれでも構い
ません。

トレーシングペーパー(左一枚ずつ剥がせるパットタイプ、右コミック用一枚ずつのカットタイプ)

トレーシングペーパーは転写だけでなく
パステル画の保存ももできますから重宝
ます。因みにパステル画の保存にはマス
キングテープも必要です。
では、早速トレース(転写)しましょう。

自分で撮った写真or著作権フリー
画像を使う

写真を見て描く場合、2通り方法があり
ます。
自分で好きなものを撮った写真
他人の撮ったものをネット上からダウ
ンロード
して保存した写真

私は自分で撮った写真はグーグルフォト
というクラウドサービスなどに保存して
います。無料で保存でき、更に容量が欲
しい場合は有料で追加保存もできます。

不要な写真を整理しておくと無料で十分
ですよ。クラウドなので別の端末からも
アクセスできます。

普段から好きなものをスマホなどで撮る
のは癖になっていて後で見返すと自分の
興味のあるもの、美しいと感じるものの
共通点などが分かってきて面白いです。

こんな感じで自分で撮った写真なら問題
ないのですが、他人の撮った写真をダウ
ンロードする場合は注意が必要
です。

他人の撮った写真を使って絵を描いて、
SNS等に公開したりすると著作権の侵害
になる場合があるからです。

自分の勉強や楽しみで家族や身近な有人
に見せたりするくらいなら良いようです。
著作権侵害で訴えられる、そんなことに
はなりたくないものですよね。

そこでおススメするがフリー画像サイト
です。著作権フリーで自由に使えるため
気にせずトレースしたり描くことができ
ます。

【フリー画像サイトおススメ3選】
Pixabay
ぱくたそ
写真AC

著作権について、こちらの動画で詳しく
解説されていました。
著作権について知る!

パステルの描き方/
色付き紙は一色塗ったと考える

パステルは混色が苦手です。何故かとい
うとパステルの材料のうちバインダーと
いう糊のようなものが極端に少ないから
絵具が混ざるというのは、バインダーが
混ざって違った色に見えている、という
ことのようです。

そういった訳もあり、混色が苦手なパス
テル画にとって紙の色は割と重要です。
紙に色がついていると一色塗った状態と
同じで手間が省ける
からです。

イメージした完成作品に合わせて、紙の
色を選ぶことが作品作りの一歩です。

どういった色が良いのか分からない場合、
中間色のグレー、ベージュ等が使いやす
いようです。慣れてきたらインパクトの
強い作品用に黒や赤など使ってみると
面白い効果が期待できそうです。

パステルの描き方/パステルの苦手な混色

先ほどパステルは混色が苦手とお知らせ
しました。でも、粉末状のパステルなら
混色は可能
です。例えば赤と青を混ぜて
紫など。ただし2色までに限ります。
3色以上は色が濁ってきやすいです。

基本的な方法は2通り
1つ目はカッターなどで直接描く紙の上
にパステルを一色ずつ粉状に削って満遍
なく落とし、指などでぼかして混ぜ合わ
せる方法です。

2つ目は、描く紙とは別の紙や絵具皿の
上で同じように削り落とした2色の粉状
のパステルを混ぜ合わせてから指で色粉
を取って描く紙の上で直接刷り込みする
方法です。

個人的にこの使い方は白い紙にとりあえ
ず色を付ける下塗りによく使います。絵
の対象の着彩に使うことは殆んどありま
せん。
発色の良さが魅力のパステル画の美しさ
が失われるので好きではないからです。

ただ、無彩色の白or黒1色+他の有彩色
(赤、青、黄など白、黒以外の色)2色
の組合せ
は明るさが変わるだけなので
着彩にも使えると思います。

私の場合、下塗りと着彩では空や海、
大地など広い面を塗る時に使っています。

また、3色以上でも同系色なら白を混ぜ
指等でぼかすと深みのある色合いになり
ます
。この方法はある画家さんのサイト
で紹介されていて、私の定番になってい
ますので風景画の下塗りにおススメです。

パステルの描き方/
基本!パステルを削って指で
ぼかして色を塗る

最も基本的なパステルの描き方の1つが
パステルを粉状にして指でぼかすという
方法です。
これはソフトパステル、ハードパステル
どちらでも使うことができます。粉状に
するにはカッターの他にぼかし網、茶こ
などでも代用できます。

ドライウォッシュ(粉にしてぼかす技法)で使うカッター

他にもサンドペーパーで削ることもでき
ますが、極端に粉がサンドペーパーに
くっつくので粉が無駄になりやすいです。

ぼかし方は指が基本ですが、他にカット
綿
ティッシュ、クッキングペーパー、
など様々です。パステル専用のぼかし
の道具
もあり、道具によって効果が違っ
てきますのでトライしてみて下さい。

細部をぼかすには擦筆(さっぴつ)
便利ですが、安価な代用品として綿棒
便利です。

左:綿棒 右:擦筆

道具については別の記事「パステル画
初心者のための基本の画材道具一式
」を
見て下さいね。

パステルの描き方/
実践「薔薇の花を描く」

フリー画像を基にトレースした下描きを
使って実際に着彩してみました。
「薔薇(ばら)の花」です。写真の花の
色はオレンジですが、今回は黄色に変更
しました。

使った画材と紙は次のものです。
ソフトパステル:
ラウニー社、ファーバーカステル
ハードパステル:ヌーベル
パステルペンシル:スタビロ
木炭:伊研のやなぎ
紙:
仏キャンソン社のミ・タント紙
スケッチブックF4サイズ(色々な紙色が
あり、その中のベージュっぽい紙色)

この後、少し手直しして最後にパステル
フィキサチーフ
(ホルベイン製)をスプ
レーして完成した作品がこちら。

ホルベイン製パステルフィキサチーフ
完成作品

とても淡い感じに仕上がりました。背景
を後付けで描いた
のは失敗でした。もう
少し計画的に全体を通して描いていきた
かったです。今後に生かそうと思います。

ミ・タント紙は割と薄めの紙で、これ
以上重ねて描くと粉落ちが深刻になる
で、この辺りで止めておきました。

良かったのは、木炭を初めて使ったこと
です。今回木炭は色を抑えるために使い
ましたが、線を目立たせるのも挑戦した
いです。

◆まとめ

・パステル画初心者に下書き必須。ハードパステル、パステルペンシルが使い易い。
・鉛筆、色鉛筆はパステル画の下書きに向かない。但し、うっすら描く程度ならOK。
・木炭の下書き後はフィキサチーフ必須(わざと色を濁らす場合を除く)。
キャンソン「ミ・タント・タッチ」紙に下書きすればフィキサは不要。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

こんにちは。管理人の「N」です。パステル画歴は5年くらい。ほぼほぼ独学で描いています。個展、グループ展、ネットでの販売歴が少々。仕事は自動車保険、年金記録調査、医療などの事務経験があります。クールですね、って言われることがありますが動物占いは「こじか」です。それから猫9匹囲まれて暮らしています。自然大好き、滝を見るとテンションが上がります。旅先でスケッチするのが趣味。