【桜・描き方】イラストにも応用できるパステルで簡単メイキング

と言えばソメイヨシノをイメージする人が
多いのではないでしょうか。

ただ、少しでも簡単に描くには
1本だけの桜を選ぶと良いです。

今回は、エドヒガン桜という品種を
2種類のパステルで描いてみたいと思います。

エドヒガンは”ソメイヨシノの母”
なのだそうですよ。

桜の描き方のポイント

よくある失敗背景とサクラが同化すること。
空の水色と桜の薄いピンク色の明るさは
同じくらいです。

遠くから見ると
形の境目がはっきりしない状態になります。

他には、桜の花びらを一枚ずつ描いてしまう、
木の幹にモコモコの綿菓子のようなピンクの
塊がついたように描いてしまう等…。

そこで、桜を描く上で覚えておくとよい
ポイントをまとめてみました。


◆ポイント1
枝に沿って柔らかい桜の花の塊がまとまって
付いていると考える。
(丸くモコモコの花の塊ではなく、
三角形に近い花の塊)

◆ポイント2
枝、手前側なのか向こう側なのか考えて
色の違いを作る

◆ポイント3
背景の空を暗めにするか
暗めの建物などを入れる。

桜の描き方をパステルでメイキング


同じ写真を使ってソフトパステルと
オイルパステルで桜の絵を描きました。
ソフトとオイルでは描き方が違いますが、
基本の描き方は同じです。

つまり、大まかには次のような感じです。

基本の描き方

1、下書きする。 (写真をトレース(転写)
するか写真、 実物を見ながら描く)
2、遠くから色を塗る。 背景の色を塗る→
淡い色で桜の幹と枝を塗る →その他を塗る
3、を塗る。
桜の幹と枝の影を濃い色で塗る→桜の花の塊
の影色をラベンダー、紫、赤紫などで塗る

4、明るい部分を塗る。
桜の幹と枝の明るい部分を薄い茶色や
ラベンダー等で塗る →
桜の花の塊を枝に沿って淡いピンクで塗る

5、3~4を繰り返し自然に見えるように
細かくしていく
6、桜の花の塊などのハイライト
白やレモンイエローで塗る
7、全体的な明るさ暗さを調整する
8、完成(ソフトパステルはパステル専用の
フィキサチーフをかけてから完成)

ところで、ソフトパステル編は少し道具が
多くなってしまいました。
どちらかというと、簡単なのは
オイルパステル編です。

桜の描き方・オイルパステル編


オイルパステル
色鮮やかさが特徴です。
ソフトパステルと比べると、
紙の白を見えなくするくらいぼかすのには
力が要ります

今回は、テレピンという油を使って楽に
紙の白をつぶしました。この方が簡単です。
テレピンがなければ、
頑張って塗りつぶしましょう。

使ったモノ
紙…マルマンの画用紙スケッチブック

オイルパステル…韓国ムンギョ社の
ギャラリーアーティスト
ソフトオイルパステル
36色」

他の道具テレピン油、カラーシェーパー、
チャコールペンシル、布など

桜の描き方/オイルパステル(ムンギョ)で実践

1、最初に下書きします。もちろん
オイルパステルでも下書きできます。
ただ、失敗すると、大きく修正しにくくなる
ので私は色鉛筆を使いました。

2、基本的に奥から手前に塗っていきます。

3、ただ、今回は背景のかなり暗い色。
先に淡い色の桜の形はっきりさせてから
森を塗ることにしました。

4、テレピンという油を筆に含ませて
画面を馴染ませます。

5、全体的に影色を付けていきます。

6、今度は、全体的に日の当たる部分
明るい色を塗っていきます。

7、陰、光の色を塗るを繰り返します。
一部だけでなく全体的にまんべんなく
描き進めるとバランスを取りやすいと
思います。

8、完成です。ソフトパステルと違い、特に
フィキサチーフがけは必要ありません
作品として見栄えを意識するなら
クレパスワニスフィニッシュコートなどを
スプレーすると良いみたいですね。

桜の描き方・ソフトパステル編



ソフトパステル
柔らかい雰囲気を出すのが
得意な画材です。桜の柔らかいぼんやりした
感じにはピッタリです。
その辺りを活用していきたいと思います。


★使ったモノ

キャンソン社の黒に近いグレー色
ミ・タント紙

暗めの色の紙を使うのは、桜の花の色
目立たせるためです。とは言え、
ソフトパステルは紙の色を完全には
隠しません。
今回は少し紙の色が暗すぎたようです。
夜桜を描くには良かったと思います。

ソフトパステル
主にゴンドラソフトパステル、ごく一部に
ラウニー社のソフトパステル、
ヌーベルカレーのハードパステル、
コンテ・ア・パリのコンテ

(画像はゴンドラのソフトパステル
赤とオレンジ系列は今回使いませんでした。

他の道具…カラーシェーパー、
豚毛の硬い筆、サッピツ、
チャコールペンシル、木炭、お手拭きの布

定着材
ターレンス製ホルベイン製2種類の
パステルフィキサチーフ

ターレンスの”パステルフィキサ”は
スプレー後も加筆できるので、途中で画面を
留めるのに使います。

ホルベインの”パステルフィキサチフ”は
仕上げにスプレーします。ホルベイン製も
加筆できなくはないですが、
粉は落ちやすくなります。

桜の描き方/ソフトパステル(ゴンドラ)で実践

1、最初にモノの位置と形を決めます。

2、次に陰の色を付けます。

3、日の当たっている部分
明るい色を付けます。

4、画面をぼかしたくない時
毛先の硬い筆で押さえます。

5、あとは、影を濃くする、
明るい部分を塗る
繰り返し・・・。

他には、カラーシェーパーで木の柵を
ぼかしたり、チャコールペンシル
桜の木の枝を描き込んだりしています。

6、パステルフィキサチーフをかけて、
完成です。

◆まとめ

・桜の描き方のポイント3つ。枝沿いに付く桜の花の塊は三角形、枝花は手前奥を意識した色の違い作り、背景暗め
・オイルパステルは伸びは悪いが道具最小、ソフトパステルは伸びは良いがフィキサチーフなどの道具が若干多い。
・オイルパステル着彩にテレピン油などで溶く方法もある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です