猫の書き方/簡単な描き方!パステルの塗り方・使い方も紹介

気まぐれで可愛く人気者の
猫らしく描くコツはあるのでしょうか。

犬に比べて猫は顔のパーツが小さい
丸いなどいくつか特徴があります。

猫の特徴、簡単な座り猫の描き方
基本的な描き方など具体的にご紹介します。

猫の簡単な書き方・猫の正面顔の特徴

猫の顔は卵を横にしておいた形に似ています。
猫のパーツは小さく、
目、鼻、口中央に寄っています。
耳は三角、
目の位置中央線より下にあります。

猫の簡単な書き方・猫の横顔の特徴

横顔はなだらか
額の下が少し、くぼんでいます。

鼻は低く小さく口、あごも小さいです。
目の上の毛
絵を描く時は見栄えが悪いので
省略されることも多いです。

猫の簡単な書き方・猫の前足、後ろ足の特徴

猫の指前足5本ずつ、後ろ足4本ずつ
あります。
足4本で合計18本の指と爪があります。

ただ、カナダ東部やアメリカ北東部では
前足や後ろ足の指の数が多いネコ
たまにいるようです。
これは”多指猫”と呼ばれています。

 猫の簡単な書き方・座り猫

今度は、”座った猫”の簡単な描き方を
ご紹介します。

1、地面に触れている部分に小さめのだ円
描き、その上に垂直線を2本引きます。
円柱形を描くような感じです。
楕円の幅短めが後々描きやすいと思います。

2、猫の胴体の形を描きます。
変形したピーナッツのような形です。
前足の部分はおしりの形と同じ方向に
弧を描くように曲がっています。

カタカナの”ノ”反対にした形を
2つ書くようなイメージです。

3、後ろ足と胸部のだ円を
2つ
重なるように
描きます。
2で描いた形の中に収まるようにします。
後ろ足の着地面としっぽも描きましょう。

4、前足を描き込みます。
前足は上の楕円右側の垂直線沿って
書きます。

向こう側の足も描くと立体的になります。
胸の下の部分をちょっと尖らせると
めりはりが出ます。

5、頭部を描き入れます。耳は三角、
目の位置顔を上下2等分した線のすぐ下
あごや鼻小さく顔の中心に寄っています。

6、毛並みを元の立体系に沿いながら
描き入れます。
あとは、下書き線を消せば完成です。

猫の簡単な書き方・基本形、立ち姿の猫

”立ち姿の猫”の簡単な描き方をご紹介します。
これが猫の基本形になります。

1、正方形を真ん中で2つに割ります。
更に上の長方形真ん中で2つに割ります。
ここでは、正方形の1辺は4cmです。

2、上の長方形が胴体です。この長方形の
真ん中の線を伸ばして三角を描きます。
胴体の前の部分の端(肩先)から下に
垂直線
を引きます。

3、前足を正方形に沿って書きます。
前足の先(人間では手の指に当たる)は
肩先の真下にきます。

4、正方形の右辺が重心になるような形で
後ろ足を書きます。
ひざの上に直線を引くと丁度腰の始まり
ここからお尻に向かって下がっています。
下がるのは上の長方形の半分の線より
少し上までです。

5、を書きます。
首は肩先より少し下からと
肩と背中の交差点辺りから始まります。
頭部の上の線と肩の線は平行になります。

6、これで全体が書けました。
でも直線的なので、
部分的に曲線で書いていきます。
特に線と線の交わる点形の変わり目です。
点と点を曲線でつなぐつもりでいましょう。

7、下描き線消せば
立ち姿の猫”の完成です。

実践/座り猫の描き方・簡単!オイルパステル編

◆韓国のムンギョというメーカーの
オイルパステルを使って描きました。
紙は画用紙、他に必要なものは下描きに
鉛筆、消しゴムぐらいです。

指でぼかせますが、私は
カラーシェーパー使っています。

背景をなじませるのに
テレピンという揮発油を使いました。
でも、なくてもぼかすだけで十分です。

細かい部分の描き込みをしたい場合は
チャコールペンシル油彩色鉛筆
便利です。

1、今回は、この子猫の写真を使います。

2、まず、描く範囲を決めます。
ここでは15㎝の正方形にしました。

3、鉛筆で線を引いたら
マスキングテープを貼ります。

4、下書きします。
円柱形球体を詰め込むようなつもりで
形を決めていきます。

5、韓国のムンギョというメーカーの
オイルパステル
色を大まかに塗っていきます。

6、次は猫の模様背景の暗い所
で塗り、ぼかしていきます。

7、手でぼかす以外に、私は
カラーシェーパーという道具を
使っています。

8、今度は明るい部分を中心に、
中間の色も塗っていきます。

 

 

9、次は、テレピン油という揮発油を
布に含ませて背景の緑をなぞります。
これで溶けて混ざります。
(W&Nテレピン75㎜)

10、テレピンはすぐ蒸発しますが、
念のため乾くのを待ちます
その間、他を描き込みます。

11、あとは、背景の光、手前の木の枝
子猫の細かい部分を描き込みします。

 

12、子猫の胸のふわふわ毛が可愛いです。
目立たせたいので
ここの背景は暗い緑にしました。

13、細かい線などを
チャコールペンシルで描き込みします。

14、完成~。オイルパステル画
2枚目にしては上手くいきました。

パステルという画材とは?種類と特徴、おススメ紹介

実践/基本形の猫の描き方・ソフトパステル編

◆主にゴンドラソフトパステルを使って
描きました。紙はホワイトワトソン水彩紙

細かく描き込みたいので、ハードパステル
(ヌーベルなど)、コンテ、パステル鉛筆
(スタビロのカーブオテロ)、
チャコールペンシル
も使いました。

今回は、紙に色をつけるために
でパステルをなじませました。
水を使う場合は、最初から水張りするのが
ベストです。

仕上げのパステル専用フィキサチーフかけは
必須です。実際には途中でスプレーして
パステルを画面に留めしました。
合計3回フィキサチーフをかけています。
やり過ぎは色が暗くなってしまいますよ。

1、今回は、猫のフリー画像を使って
絵を描きます。

2、まず、ホワイトワトソン水彩紙
マスキングします。

3、先に写真と同じ比率のマス目を鉛筆で
薄く引いてあります。

4、写真にも同じように
マス目を引いてあります。

5、そのマス目を基準に
パステル鉛筆で下書きしていきます。

6、次は下塗り
今回、背景は水彩風にします。
ソフトパステルで背景を塗ったら
水を含ませた筆でその上をなぞります。


7、
猫と板塀は3色ほどで塗り分けます。
猫も板塀も黄色っぽいので黄土色で、
影は濃いこげ茶、中間に茶色を使いました。

8、水を使ったことで
紙がうねってしまいました。
で、画板に紙を水張りすることにしました。

水張りでも平張りという簡単なやり方です。
水を使う時は最初にした方が良かったです。

9、背景のヤブの緑などは
パステル鉛筆を使ってます。


10、
背景深い緑色
ソフトパステルです。


11、
のソフトパステルを使って
ぼかします。


12、
猫と板塀にそれぞれ固有の中間の色
塗り重ねます。板塀は傷んだ部分
様々な色が隠れています。
そこを拾って描き進めます。
灰色、赤茶オレンジ色などなど。

 

13、猫の模様
芯のとがったパステル鉛筆
立てて描き込みます。


14、
ピンボケ状態の緑のヤブはっきり
させていきます。
これにはパステル鉛筆ハードパステル
活躍します。

15、ヤブをはっきりさせたまま
したいです。こんな時は上から硬い筆
軽く押さえつけます。
こすらないように注意します。

16、猫の細かい毛並みをパステル鉛筆で
描きます。顔、特に目鼻立ちは大切なので
時間をかけても頑張ります。

17、形が狂っていることに気づきました。
こんな時は練り消しゴムに助けて貰います。
手で練り消しゴムの形を細く変える
使いやすいです。
修正したい箇所の色だけを抜きます。

18、今使っているのは
ファーバーカステルソフトパステルの黒。
これはソフトパステルですが、
かなり硬いパステルです。


19、18のソフトパステルは
角形のハーフサイズで手に馴染み、
鮮やかな発色で重ね塗りで特に重宝します。
ガザガザした描き心地ですが、
上に色がある程度のってくれます。

20、毛並みにはヌーベルカレーパステル
(ハード)
コンテも使っています。
例えば、灰色、赤茶色、白などです。

21、毛流れに沿って描くと
それっぽくなりますね。

22、背景はハッチングで描いています。
つまり、黒、紺色で細く短い線
たくさん引いて奥行きを演出しています。

仕上で、私はチャコールペンシル
黒をよく使います。

23、紙を切らないように注意しながら
水張りテープをカッターで切ります。

24、紙が剥がれたら、
マスキングテープも剥がします。

25、あとは、汚れを練り消しゴム
叩くようにして除きます。

26、
最後にパステル専用フィキサチーフ
そっとかけます。


27、
完成~。ワイルドさが素敵な猫

パステルの描き方。簡単、効果的な背景色の付け方3選

パステルの描き方。初心者のゼロから始める基本のテクニック


◆まとめ

・猫の基本の形や特徴を理解すれば描きやすくなる。
・オイルパステルは伸びは悪いが道具最小、ソフトパステルは伸びは良いがフィキサチーフなどの道具が若干多い。
・背景色着彩方法の1つでオイルパステルはテレピン油などで溶く、ソフトパステルは水で溶く。水使用時は最初に水張り必要。

ミ・タント紙、中性紙って?パステル画に向く紙はどれ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Nパステルアーティスト
こんにちは。"N"です。”パステル画を描く”ではパステル画の描き方、パステル画の画材の情報をメインにお伝えしています。 私のパステル画歴は5年くらい。ネット通信でイラスト、デッサンを受講しましたが、殆ど独学で描いています。 個展、グループ展、ネットでの販売歴は少しです。 ほかには猫好きで多頭飼いしてます。自然や旅好き。特に滝を見るとテンションが上がります。旅先でスケッチするのが趣味でもあります。